Flatanger – Daniel Woods and Dave Graham’s Return to sport climbing in Norway

Flatanger – Daniel Woods and Dave Graham’s Return to sport climbing in Norway


今回のツアー期間中 Thor’s Hammer は
8割が濡れていて 乾いた箇所が少しあるだけだった 湿った壁で9a+をトライするのは大変だったよ 僕はダニエル・ウッズ
我々は今、フラタンゲルにいる アダム・オンドラがここで登っている動画を見て以来 ずっとここに来たいと思ってた フラタンゲルは素晴らしい場所だよ 僕はずっと前にスポーツクライミングを始め それからボルダリングに移った ここ10年はずっとボルダリングをしてきた ほとんど毎日だね スポーツクライミングに戻って 新しいことにチャレンジしよう
と思ったのは今回が初めてだよ フラタンゲルは理想的な場所だよ 難しいボルダー課題がレストを挟んで積み重なり 困難なルートを形成しているんだ ボルダリングで学んだもの
自分の強さをルートで試そうと思ったんだ 僕はデイブ・グラハム
メイン州で育ち、今はコロラド州にいる ノルウェイ、フラタンゲルの
巨大な洞窟を登っている ノルウェイは好きだよ 故郷のようにも思えるけど クライミングも釣りも
ここの方がずっといい すごくいい場所だと思う Thor’s hammer には本当に登る価値があるよ 最初に見て思ったよ
このラインは傾斜のきつい部分を網羅してるって この洞窟で一番長いルートの1つだよ Thor’s hammer を見たとき
その長さに驚愕したよ 恐怖を感じたね このルートはスポーツクライミングに
適応するのに丁度いいと思った 上部にあるV11のセクションは
すごくパワフルな内傾カチ それがこのルートの良さで
濡れていてもトライする価値がある だから、全力でこのルートに挑むよ ダニエルはあと少しで登れるところだったけど 間違った手順で登って
課題を難しくしてしまった 完全にスポーツクライミングにハマったね もはや中毒だよ 学ぶことは多いよ ダニエルと一緒に登るマイナス面は
彼と同じ手順では登れないこと 力がありすぎるんだ そう、ガストンから左足をスメア、右足を上げて こことここ、それから足を外に出す 天気はかなりひどかったね 時速100キロくらいの風が吹いて、大雨だよ でも、問題ないよ
気にせず登ってた 問題は行き帰りにずぶ濡れになったことかな まさに困難な場所へのアクセスだ! 見てたよね、あそこでアンダーをとって
テンションって 部分的に手順を見直す必要があると気づいたね パンプしそうな場所でも余裕をもって
壁が濡れた状態でも登れるように この長いルートには苦しめられたよ おかげで別のルートをトライする気になれた
もう少しボルダラーにやさしいルートにね 核心は登り始めてすぐのところにある 普段はやらないようなムーブで
微妙なホールドに手を伸ばしていくんだ ここ数年はボルダリングばかりだったから
持久力がないんだ クライミングはメンタルだって言うけど、どうだろう 実際は前腕の問題だったりして 前腕がひどくパンプしてるよ 身体はどこも疲れてないんだ、前腕以外はね 一度下部のボルダ―セクションを登り切って もう少しで完登だったけど
最後の難しいムーブで あれにはがっかりしたけど
成長するのに必要なプロセスだったと思う ハーネスよし、今日は落ちないよ
アンカーにクリップするんだ やっぱり前腕はパンプしてるけどね ここにニーバーだよね そうそう、欲しがってたやつ デイブはニーバーマスターだよ 96年くらいからニーバーをやってるね
ほとんどクライミングを始めたのと同時だよ 壁を見て思うんだ
あそこにニーバーさせてくれって このエリアはニーバーだらけだね
まさにニーバー天国だよ 濡れた壁との戦いを受け入れたよ 単純に適応して
登れるんだと自覚する必要があった 急に自信が湧いてきたんだ 下部はボルダ―課題のようだ
14手のV12があって、ここでは休めない 沢山のボルダ―課題が出てくる長いルートなんだ そこを抜けると、ノーハンドレストできる
ニーバーはかなり痛いけどね それから7手くらいのV9があって
良くないレスト 最後にV11をこなして半分 登るにつれて変遷するスタイルが面白いよ 僕がやってきたクライミング
取り組んでるボルダリングとスタイルが似ている 刺激的なルートだよ そして登り切るには持久力が必要だ Thor’s Hammer を完登したとき
45分近く壁に張り付いてたよ 身体が熱くなって、いろんな思いが駆け巡る ムーブを忘れそうになるけど
それも挑戦であり、楽しみの1つだ アンカーにクリップするって最高だよ 9a+は2007年以来登っていないからね いい気分だ よくやったよ 身体に異変が起こったみたいだ

44 Replies to “Flatanger – Daniel Woods and Dave Graham’s Return to sport climbing in Norway”

  1. "thought that this would be a good intro to sport climbing."
    …….. -____-
    my intro was a 5.8
    but a 9a intro is cool too.

  2. really cool to see those guys going for it in sport climbing, and especially there.
    I lost it at "i've been knee-barrin' since 97" ^_^

  3. I have trouble with these holds when the wall is vertical, i can't imagine ever getting near when you're horizontal to the ground…damn

  4. If you don't consider Thor's Hammer as an intro to sport climbing, you're just not meant to climb, you're actually meant to die.

  5. So if thors hammer is their intro they'll they'll have no problem putting up the second and third ascent of Silence. Right?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *